本当の夢ノートの書き方の例 願望実現に必要な波動調整と潜在意識アクセス

前回の記事でも説明したように『本当の夢ノート』は書きだすという行動により強制的に波動(周波数・エネルギー)を上げる強力波動調整法です。

普通に夢を書き出して行くだけではただの日記になってしまい願い事は叶いません。

ちゃんと高次元の潜在意識にアクセスして周波数(波動)を感じる事が重要だと話しました。

まだ確認していない人は必ず『こちらの記事』を読んでから夢ノートを実践してください。

今回はその夢ノートの書き方・やり方について説明していこうと思います。

夢ノートを書くコツ

現状を無視する事が大前提

夢ノートを書く上で現状を無視して書くという事が重要になってきます。

 

×現状を書くとタダの目標になってしまいます。

 

今できる目の前の目標では大きな感情を感じることができないので波動を上げる事もできません。あくまで大きな夢を書き出しましょう。最終的に『どうしたいか』『どうなりたいか』が重要になってきます。


数カ月継続する

行動が脳に刻み込まれるのが大体3カ月と言われています。

3カ月間毎日書いていると波動(エネルギー)がどんどん上がってきて強くなります。

そうすると波動(エネルギー)を高い状態に保つことができます。


毎朝起きた後に10分くらいはやる

睡眠は波動調整をしてくれます。

寝て起きた後は波動が上がっています。

 

睡眠中は潜在意識の状態

起きている時は顕在意識の状態

 

寝る前と起きる時は潜在意識と顕在意識が切り替わるタイミングでもあります。

基本的に朝波動が高く気分がいいと半日くらいはその良い波動を持続できます。

なので起きた後に夢ノートで波動を上げることで日中も良い気分で過ごすことができるようになります。


潜在意識をMAX最高の状態にして書く

あなたの最高の理想の状態を想像してその時の感情を感じることで、波動MAXの状態を感じることができます。(最初は結構難しいですが慣れていきます)

 

その時の高い感情で夢ノートを書きます。

夢ノートは理想の最高の状態(パラレルワールド)から現在へのプロセスを考える強制波動活性化の方法です。

この時、今現在を過去と考えることが重要になります。

あくまでパラレルワールドの最高に成功した自分の感情を取り入れる。それが現在のあなたの波動を最高の状態にする方法です。



※詳細は書かない!

大きな夢だけ書くようにして、夢へたどり着く道のりなどの詳細は書かない。

詳細を書いてしまうと、その詳細の道筋をいちいちイメージしてしまいますのでエネルギーの分散や努力しているイメージを引き寄せてしまう事があります。

結果的にその努力している姿を引き寄せてしまい願望実現が遠回りになります。

 

〇潜在意識に『成功しているイメージ』だけを刻印することができれば、あなたにとって最短のルートを導き出してくれます。(この引き寄せの法則はまた違う記事で紹介します)

×なので現在のあなたが知っている道順をイメージするの避けましょう(遠回りになります)

 

大事なのは大きな夢を叶えた時の波動・周波数です。その夢を叶えるためにあなたがイメージしている詳細は必要ありません。もしかしたらもっと好条件で良い過程を引き寄せることもできるからです。

夢ノートの書き方


未来から現在に向けて書く


・最初に『幸せ・最高の理想の状態』を書きます

例えば)

海外の富裕層向け住宅に住む

億万長者になる

最高に幸せになる

とか何でもいいです。

 

次に現状に一歩近い未来を書きます。

例えば)

奇跡が起きる

最高のパートナーに合う

最高の仕事に巡り合うなど

このくらい大雑把でいいです。


willではなくwant to be~

書くときは

×will『~~になるだろう』ではなく

〇want to be~『~~になりたい』

という望みの感情でOKです。

大事なのは叶った時の感情を体にインプットすることです。

3か月間毎日続けていたらかなり強力な望む状態を想像するワークになります。


夢ノート書き方の例

意外に思うかもしれませんが、このくらいざっくりでいいです。

何度も言うようですが、大事なのはこの夢が叶った時の波動(周波数・エネルギー)があなたが成功した時の波動です。それを体で感じることが夢ノートの本来の意図です。

夢ノートをやることによって波動を高い状態に保つことができるようになり、日常生活でも余裕ができてきたりします。

 

夢ノートの内容は毎日変えても良いですし自由です。やっていると突然変わったりもします。


そして願いが叶っていくと、『もうやらなくてもいいかな~?』という日が来ます。

それはあなたが最高の波動に近づいている証拠です。そこまで行けば夢ノートをやらなくても波動を調整することができるようになり、潜在意識についても理解が深まっているので引き寄せの法則も実現していく事でしょう。

まとめ

夢ノートは、最高の理想の状態(波動MAX状態)から今へのプロセスをメタ的視点で見るパラレルワールドです。

今の視点で順々に夢を書いていくだけではただの日記になり願望実現には遠回りすぎます。

例えばプロ野球選手になりたいのであれば、既にプロ野球選手になった状態の周波数をイメージして、そこから逆算して夢を書いていきます。

今の状態から次の夢を書いたとしてもエネルギーの拡大は小さく、意味はありません。そして願いは叶わない事が多いでしょう。

自分の潜在意識を最高の状態にすることで、より大きなプロセスを引き寄せることができ夢を実現することが可能になります。

普通の夢ノートとはやり方が違いますが、願望実現と引き寄せの観点で言えばまるで破壊力が違いますので、まだ本当の夢ノートをやっていない人は是非やってみてください。

まだ『本当の夢ノートの影響力』を知らない方は先にこちらの記事をよく読んでみてください

関連記事

  1. 願望実現叶わない人の勘違い 今すでにあるという気付き シンプルなカラク…

  2. なぜ掃除をすると金運が上がるのか?潜在意識と引き寄せの法則との関係性

  3. 波動・周波数が上がる時どんな変化が起きるのか?波動が合わない違和感や上…

  4. 夜寝る前に波動を上げる方法 潜在意識書き換えで願いを叶えて人生を変える…

  5. アンジャッシュ児嶋が人気急上昇!ピンで活躍できるワケとは?ヨガと麻雀で…

  6. 4月はスピリチュアル的にどう過ごす?4月に気をつけること&おすすめの波…

  7. 辛い現実を一変させる意志のチカラ 願望が実現する引き寄せエネルギーの使…

  8. 超重要【金運を上げる方法】お金の使い道を決めると入ってくる!金持ちが習…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

おすすめ記事

  1. スピリチュアル

  2. 願望実現・潜在意識

  3. ビジネス

  4. 神道

  5. 願望実現・潜在意識

関連記事

    None Found