神社ミッション賽銭チャレンジはやるべきか?効果は?やってはいけない人とは?スピリチュアルより心理的効果アリ?

世のスピリチュアルリーダーで神社ミッション・賽銭チャレンジを勧めてる人がいます。

お賽銭で数千円~数万円入れる行動の事です。

その神社ミッション・賽銭チャレンジをやったほうがいいのかどうなのか迷う人もいるかと思います。

普段の賽銭が数十円とか数百円の人にとってはありえない行動ですからね。

そしてその神社ミッションは効果があるのかどうかという事を知りたい方もいると思います。

更にどういうタイプの人が神社ミッション・賽銭チャレンジをやるべき人か、またはやってはいけない人なのかというところも解説していこうと思います。

先にお伝えしておきますが、我が家では昔から数千円~数万円の賽銭は普通に入れていて、ミッションやチャレンジという形でやってはいません。そういう立場から見て神社ミッションや賽銭チャレンジについてお話していこうと思います。

神社ミッション・賽銭チャレンジとは?

神社ミッション・賽銭チャレンジとはあるスピリチュアルリーダーさんが考えだした心理的にお金のブロックを外す方法です。

お金がほしい人はまずお金のブロックを外すことが重要なので、普段お金を使わないところに意識的に大金を使いブロックを外すと結果的に投資ができるようになりお金が数倍にもなって舞い込んできますよという感じのミッションです。

どちらかと言うと、お金を使う事でお金が入ってくるという形は西洋文化の『自分に投資しましょう』というところに繋がってくる感じですね。

まず神社にお賽銭を入れる行為だとしても神道の教えではなさそうですね。

更にスピリチュアルと言うよりも心理トリガーの方に近い方法の様です。

神道の教え

祈りやお参りについて勘違いされないよう神道の教えについて先に少しお話ししておこうと思います。

まず神道では神羅万象すべてのモノに神が宿る八百万の神という言葉があります。更に自分自身つまり人も神であるとされています。

かなり端的に説明しますが、日本人の多くは天照大御神(太陽)を最高神だと思っているのではないでしょうか?むしろそのように教えている方々が多く存在します。

しかし、実は違います。

天照大御神が最高神とされたのは第二次世界大戦後に日本は海外の侵略を受けGHQが民間を支配するために都合の良い風に宗教の教えを変えてしまった結果現在では天照大御神が最高神だと思われているだけです。

古事記では天照大御神は99番目の神でその上には98もの神が存在します。

1番目は天之御中主神(アメノミナカヌシ・銀河系を創り出した創造神)つまりブラックホールを示しています。

そのブラックホールから無限の細胞分裂が起こり今の人間が存在します。

つまり人間の細胞の中には138億年分の細胞が含まれており、天照大御神(太陽)やアメノミナカヌシ(ブラックホール)さえも先祖という事です。

人は神と崇められているエネルギー体と同じ細胞を持っている事になります。

なので神を求め外へ意識を向けるのではなく内へ意識を向け細胞の活性化を図る事が神に繋がる事になります。

これがスピリチュアル界で人が神と言われている理由です。

スピリチュアルを教えている人でこれをちゃんと説明出来る人はどのくらいいるのか気になります。

つまり神社にお参りをする場合、自分は御祭神と対等の立場で行くという心構えが正しいです。

そして神道では山や岩など自然を神とする事が多かったのですが、現在のお金ばかりを目的としている派手な神社には西洋文化に支配されているところも多いです。

そして御賽銭は自分の決意に向けて払うものという認識が神道的には合っています。

もちろん神社の維持の為にたくさん入れたい方は素晴らしい心がけだと思いますのでもし個人的に入れたい場合はどんどん入れて上げて下さい。

神社には神にお願い事を聞いてもらう為に行く人が多いですが、神社の周辺にはその邪念に取り巻く低級霊がウヨウヨいます。

念のレベルに合った低級霊があなたに取り付き一時的に願いを叶えて喜ばせ、その後落とすという悪さもしかねないので気をつけて下さいね。

正しいお参りの仕方などはまた違う記事で紹介しようと思います。

とりあえず神道についての説明はこれくらいにして、これも踏まえて神社ミッション・賽銭チャレンジについてお話ししていこうと思います。

神社ミッション・賽銭チャレンジの効果

先程も説明した様に普段賽銭をあまり入れない人が賽銭で一万円札などを入れると言う事は、お金の面で大きな冒険をした様な気分になります。

ギャンブルなどとは違い、その場ですぐリターンや価値が返ってくることは期待できないので無駄な邪念などがない支払いになります。

むしろ何の意味も無いと思えるような所にお金を使う事があなたのお金の心理ブロックを外す結果にも繋がります。

もし賽銭チャレンジをやってみて清々しい気分になれる人はお金のブロックを外す事ができているはずです。

そうなると、その後はお金払う時に楽しく払える様になるので効果的には絶大です。

お金を使う時楽しい気分や良い気分で払う事ができるとその軽いエネルギーが一瞬にして世の中に広がります。

これは量子力学的な説明になりますが、軽いエネルギーというのはとても細かい粒子でスゴイ速さで世に拡散されます。そのエネルギーには情報なども含まれています。

逆に重いエネルギーは粗くどんよりしたイメージであなたの周りに滞ってしまいます。

これがお金を使う時の感情に出てきます。

軽い気持ちで使うお金は実はとても良い効果をもたらします。金は天下の回り物と言いますが、それこそ軽い感情で楽しくお金を使った場合、そのエネルギーが多くの人やモノに伝わり良い形で返ってくるというのがこのことわざの示す所です。

逆に重い気持ちでお金を使っても返ってくる事は少ないです。

その点を踏まえると、神社ミッション・賽銭チャレンジをして良い気分になれる人はお金使うときに軽い気持ちで出せる様になると思いますので効果はあると思います。

神社ミッション・賽銭チャレンジをやった方がいい人

是非神社ミッションやってみたい!

お金のブロック外れるのは嬉しい!

楽しそう!

などワクワクしたり前向きな気持ちがある方はやってみると良い効果が期待できると思います。

むしろそこまでの気持ちがあるのであれば神社ミッションをしなくてもブロックは簡単に外せます。

今まで投資した事のない金額を何かに使えばすぐ外れると思いますよ。

神社ミッション・賽銭チャレンジをやってはいけない人

やってはいけないとまでは言いませんが、やることをおすすめできない人のタイプとはどういう人か?

先程も説明したように重いエネルギーで使うお金は何も生みません。

なのでもし神社ミッションをやろうと思うけど、お札を入れる事に強烈な迷いや嫌な気持ちが残りそうな方はやらない方がいいと思います。

いずれはやってみたいと思うのであれば、本当にやりたいという気持ちになってからやるといいと思います。何事も波動が高い時にやった方が効果があります。

神社ミッションは続けたほうがいい?

続けたほうが良いかどうかはあなたの気分次第です。

同じ金額を入れ続けることに疑問や迷いが生じたら辞めるのもアリです。

逆にもっと高い金額を入れる事に興味を覚えたらやってみると更に何かが弾けるかもしれません。

あなたの直感に従ってみるのが一番正しい選択です。

私個人的には神社ミッション・賽銭チャレンジについては肯定も否定もしません。

神社にたくさんの賽銭が入り神社の維持に貢献されるのは良い事だと思います。

ただ、賽銭を入れる事をチャレンジやミッションという言葉で表現するのは個人的にあまり好きではありません。その言葉だけで意識が重くなってしまいそうなので…

なので私は普段からチャレンジやミッションなどせずに神の御神徳や自分の決意表明に向けてお札を入れています。千円の時もあれば一万円札の時もあります。むしろ100円や500円玉の時もあります。

何よりも軽いエネルギーで取り組める事をやって行く事をオススメします。

 

関連記事

徳川家康の墓 静岡久能山東照宮の波動が強くてカメラバグ 不老不死と埋蔵金の謎

最強金運神社 富士山二合目新屋山神社奥宮の更に奥 富士御室浅間神社車でのアクセス行き方と近道

超簡単に金運を上げる方法『効果絶大⁉』金塊のエネルギーを体内に吸い込む方法

関連記事

  1. 徳川家康の墓 静岡久能山東照宮の波動が強くてカメラバグ 不老不死と埋蔵…

  2. 新潟県長岡市高龍神社様へ絵を奉納 鳥居の絵の注意点を教えていただきまし…

  3. 結界バリヤーを張る簡単なおまじない 呪文 厄除け 言霊で開運動画あり …

  4. 世界の大富豪たちが宇宙へ行く本当の理由がエグイ!一般人には衝撃的な理由…

  5. 波動の高い水おすすめクリスタルガイザーマウントシャスタ産軟水 最安値 …

  6. 2012年ロンドンオリンピック開会式が世界中にコロナばら撒く宣言だった…

  7. 魔女の宅急便 画家のお姉さんウルスラのスピリチュアルなセリフ キキの潜…

  8. 中絶をすると胎児(赤ちゃん)の魂はどうなるのか?気が楽になるかもしれな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

おすすめ記事

  1. スピリチュアル

  2. 願望実現・潜在意識

  3. ビジネス

  4. 願望実現・潜在意識

  5. 願望実現・潜在意識

関連記事

    None Found